三重県の水族館一覧

このページでは、三重県の水族館をご紹介します。
気になる水族館はぜひ詳細をご覧ください!

三重県の水族館

鳥羽水族館

■所在地:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6(地図
■連絡先:0599-25-2555
■アクセス:
・電車:JR・近鉄鳥羽駅から徒歩10分
・車:伊勢道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ラインなどで約25分
■開館時間:9時〜17時(11月1日〜3月20日は〜16時30分。
※7月20日〜8月31日は8時30分〜17時30分。入館は閉館1時間前まで)
■入館料:大人2400円、小人(小・中学生)1200円、幼児(3歳以上)600円、60歳以上2000円
■休館日:なし

自然の環境を再現したゾーンが12あり、約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されている。 通路は観覧順序を無くした自由通路となっている。 入館者の8割を大人が占めるという特徴を有し、「質実剛健な水族館」と評される。(wikipediaより)

鳥羽水族館の詳細と体験記事はこちら

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

■所在地:三重県伊勢市二見町江580(地図
■連絡先:0596-42-1760
■アクセス:
・電車:近鉄宇治山田駅からCANバス約50分、夫婦岩東口下車すぐ(またはJR二見浦駅から徒歩20分)
・車:伊勢道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン二見JCTを経由し、国道42号線で約5分
■開館時間:8時40分〜17時(季節により延長あり)
■入館料:大人1400円、小人(小・中学生)600円、幼児(3歳以上)300円
■休館日:なし

館内ではゴマフアザラシ、アシカ、セイウチといった鰭脚類を中心とした海獣と魚類が数多く飼育展示されている。 セイウチが飼育プールから観客のいる広場に登壇し、持ち芸を披露したり、記念撮影などができるショータイムが行われている。(wikipediaより)

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスの公式サイトはこちら

志摩マリンランド

■所在地:三重県志摩市阿児町賢島(地図
■連絡先:0599-43-1225
■アクセス:
・電車:近鉄賢島駅から徒歩2分
・車:伊勢道伊勢西IC(または伊勢IC)から県道32号線(伊勢道路)、国道167号線で約40分
■開館時間:9時〜17時(7月〜8月は〜17時30分)
■入館料:大人1250円、中・高校生700円、小学生500円、幼児(4歳以上)300円
■休館日:なし

施設は水族館本館と、古代水族館があり、シーラカンスなどの古代魚の化石をはじめ、 カブトガニやオウムガイなどの生きている化石も展示しており、化石に触れることもできる。 館内での展示・飼育以外にも、ともやま公園で磯観察会を開催するなど、館外活動も行っている。(wikipediaより)

志摩マリンランドの公式サイトはこちら

日本サンショウウオセンター

■所在地:三重県名張市赤目町長坂861-2(地図
■連絡先:0595-63-3004
■アクセス:
・電車:近鉄赤目口駅から赤目滝行きバス約10分、終点下車徒歩3分。
・車:伊勢道久居ICから国道165号線などで約60分(または名阪国道上野ICから約40分)
■開館時間:
・4月〜11月:9時〜17時
・12月〜3月:9時30分〜16時30分

赤目生まれのオオサンショウウオを含む国内産を中心に、9種約50余匹が展示されている。 オオサンショウウオは「生きている化石」と呼ばれる稀少動物で、 特別天然記念物に指定されている。 その個性的な姿や生態をじっくり見ることができるのは当館ならではである。(公式サイトより)

日本サンショウウオセンターの公式サイトはこちら